会長あいさつ

 自民党札連第50回定期総会が6月26日開催され、引き続き会長を担うことになりました。
 50年前の1972年に自民党札幌市支部連合会が発足致しました。ちょうど札幌市が政令指定都市に移行して、札幌冬季オリンピックが開催された年です。初代会長は地崎宇三郎先生で、私で12代目となります。
 先週末、目標であったコロナワクチン接種が100万回を達成したと政府の発表がありました。新型コロナの早期終息に向けて、ワクチン接種が順調に進んで今年がアフターコロナのスタートの年となるよう、私共も様々な課題の解決に向けて全力で取り組んで参ります。
 そして何よりも今年は、あと4ヶ月以内に衆議院の総選挙があります。厳しい戦いが予想されますが、札幌市、北海道の底上げ、そして更なる発展のためには、絶対に勝利を勝ち取らなければならない戦いであります。
 企業、団体の皆様には、札幌市はもとより北海道各選挙区の必勝に向けて更なる支援の輪を広げていただくと共に、党員・党友の皆様のご奮闘を心からお願いを申し上げます。
 改めて日頃から札連に対するお支えに感謝申し上げ、ご挨拶とさせていただきます。

令和3年6月29日

 

自由民主党札幌市支部連合会会長
前衆議院議員 高 木 宏 壽

高木ひろひさWeb Site