会長あいさつ

 平素より自由民主党札幌市支部連合会に対しまして、ご理解とご高配を頂いていることに心から感謝申し上げます。

 7月に挙行された参議院議員通常選挙では、皆様から力強いご支援を賜り、北海道選挙区において2議席を確保することができました。改めて、感謝申し上げます。

 さて、この参議院選挙中に凶弾に倒れた故安部晋三元総理の国葬儀が9月27日に執り行われました。海外からも多数の参列者がお越しになり、厳粛かつ心のこもったものとなりました。国政や外交に多大なご貢献をされた故安部元総理に心から哀悼の誠を捧げます。

 10月に入り、第210回臨時国会が召集されました。日本が直面する歴史的な難局を乗り越え、我が国の未来を切り拓いていくため、政策を、一つ一つ果断に、かつ丁寧に実行していかねばなりません。秋が深まるにつれ、インフルエンザと新型コロナが同時流行した時の備えが必要になります。今後の感染症危機に備える法改正や10月中に物価高騰対策を盛り込んだ総合経済対策を策定し、それを反映した補正予算案が審議される予定です。

 また、税制改正や来年度予算案についての議論も年末に向けて、本格化してまいります。引き続き、政権与党として、この物価高から、国民の暮らしと事業活動を守るため、現場の声を出来るだけ反映できるよう、全力で取り組んでまいります。

 北海道にとって食と観光は、産業の大きな柱です。10月11日から、ビザなし渡航、個人旅行再開など、インバウンド観光を復活させる道筋も見えてきました。コロナ禍からの需要回復、地域活性化を後押しすべく、全国旅行支援やイベント支援を充実させ,一日も早くコロナ前の水準に本道経済が復帰できるよう応援してまいります。

 現場の声を反映した政策を実行していくには、地方と国がしっかりと連携していかねばなりません。来年4月の統一地方選挙まで半年を切りました。改めて、わが党公認・推薦候補への皆様の力強いご支援を心からお願い申し上げ、ご挨拶といたします。

令和4年10月3日

 

自由民主党札幌市支部連合会会長
衆議院議員 高 木 宏 壽

高木ひろひさWeb Site