活動報告

2019自民党札連政経セミナーが開催されました。

活動報告

加藤勝信厚生労働大臣を講師に迎え、9月14日「さっぽろ自民党政経セミナー」が札幌グランドホテルで開催されました。
第4次安倍再改造内閣において、2度目の厚生労働大臣に就任した加藤大臣は、「安倍政権の6年間の実績と今後の進路」と題して、人口減少問題や働き方改革、外交・安全保障、憲法改正とわかりやすく解説して頂きました。
また、東京オリンピック・パラリンピック担当・女性活躍担当大臣に就任した橋本聖子参議院議員、総務副大臣に就任した長谷川岳参議院議員も駆けつけ盛会に開催されました。
橋本大臣は、「アスリート時代からオリンピック、パラリンピックと共に生きてきた一人として、この1年間は集大成となる。素晴らしいレガシー(遺産)をつくりあげていく」と2020年東京五輪・パラリンピック成功への決意を述べられ、2030年冬季五輪・パラリンピックの札幌市招致について「命を懸けてやり遂げなければならない。北海道の発展のため、全力を尽くす」と意気込みを語られ、会場から大きな歓声が上がりました。
政経セミナー終了後、加藤大臣を囲む懇談会が開催され年金問題や人口減少問題など札幌市議との意見交換を行いました。