活動報告

自民党札幌東区連合支部定期総会・政経セミナーが開催されました

活動報告

自民党札幌東区連合支部定期総会が札幌サンプラザにて開催されました。
役員改撰により引退することとなった三澤繁実支部長は「この度の統一地方選挙では、自民党推薦の鈴木知事が当選、自民党支持の秋元市長が再選され、道議選には区連幹事長の渡邊靖司さんが初当選されました。そして市議には、現職の鈴木市議が7期目当選、山田議長が6期目当選、五十嵐市議が6期目当選を果たし、念願の4議席目に小田昌博さんが初当選しました。この勢いで後任の竹田支部長と共に参院選勝利に向け体制強化をお願いしたい。」と協力を呼び掛けました。総会後開催された政経セミナーでは、6年間の任期を終えた三澤支部長の労を労い懇親を深めました。