活動報告

自民党札幌厚別区連定期総会が開催されました

活動報告

自民党札幌豊平区連定期総会が5月26日プレミアホテル・TSUBAKI札幌で開催されました。
細川誓信支部長は、「わが党推薦の鈴木直道知事が素晴らしい成績で初当選され、自民党札連が支持した秋元克広市長が再選されました。また、豊平区選出の道議選では吉田祐樹道議と大越農子道議が無投票当選となりました。これはひとえに日頃から素晴らしい仕事をしてきた結果であります。
そして三上洋右市議、近藤和夫市議、小竹ともこ市議もそれぞれ再選を果たしました。区連役員の皆さまには感謝申し上げます。」と挨拶され、役員改選で新支部長となった片桐誠治前幹事長は、参院選勝利に向け引き続きの協力を呼びかけました。
参院選候補予定者の高橋はるみ氏は総会にて、岩本つよひと氏は懇親会にてそれぞれ挨拶し支持を訴えました。