活動報告

第3回定例市議会において、平成30年度補正予算案(追加提案分)が可決されました。

活動報告

第3回定例市議会において、平成30年度補正予算案(追加提案分)が可決されました。

北海道胆振東部地震など一連の災害に係る復旧・復興事業
平成30年9月初旬に発生した台風21号及び北海道胆振東部地震による被害からの、1日も早い復旧・復興のため、被災した公共施設等の復旧や、被災した方の生活・住宅に関する支援に係る経費等を追加

<補正予算総額 182億4,040万円>
●災害復旧   167億40万円
●被災者支援等 15億4,000万円

2018補正予算の概要.pdf

9月25日、平成30年第3回定例市議会の開会に先立ち、このたびの北海道胆振東部地震により、犠牲になられた方々に謹んで哀悼の意を表し、黙祷を捧げました。

災害発生時には、安倍総理はじめ二階災害対策本部長も現地入りし災害状況を視察され、激甚災害として指定され予算措置が取られました。

【激甚災害】
地震や風雨などによる著しい災害のうち、被災地域や被災者に助成や財政援助を特に必要とするもの。激甚災害法(1962年成立)に基づいて政令で指定される。激甚災害に指定されると、国により災害復旧事業の補助金の上積みがなされる。