活動報告

「新型コロナウイルス対策に関する更なる緊急要請」を札幌市長へ提出しました

活動報告

自民党札連(高木宏壽会長)と、自民党議員会(髙橋克朋会長)は、5月22日(金)、札幌市に対し「新型コロナウイルス対策に関する更なる緊急要請」を行いました。
札連は3月19日に「第一弾新型コロナ関連要望」を提出し、議会でも質疑討論で訴えてきましたが、この度、各種経済団体をはじめ、医療、福祉、教育関係団体から第二弾緊急要望を受け23項目に纏め、更なる緊急要請としました。
高木札連会長は、国は第二次補正予算の成立後、更なる支援策を盛り込んでいるが、札幌市もしばらくはウィズコロナ(コロナウイルス との共存)を覚悟して医療体制の強化を謀りつつ、アフターコロナ(収束後の経済活動再開と新たな時代に対応した取組)に向け、財政調整基金を切り崩してでも段階的に体制強化を図って頂きたいと訴えました。

新型コロナウイルス対策に関する更なる緊急要請